生活習慣病

生活習慣病の主な原因

hospital

高脂血症とは脂質異常症とも呼ばれますが、血液中の中性脂肪と悪玉コレステロールの値が高過ぎる、または善玉コレステロールの値が低くなる病気です。高脂血症は治療せずに放置しておくと、血管が徐々に狭くなっていき心筋梗塞や脳卒中発症のリスクが高まるとされています。高脂血症の原因は主に食生活と生活環境です。一番の原因と考えられているのが、食べ過ぎや運動不足からなる「肥満」です。特に内臓脂肪型と言われるお腹周辺に脂肪が密集している人は、血液検索で悪玉コレステロールの値が高く善玉コレステロールの値が低いことが殆どです。また高脂血症の原因として挙げられるのが、糖分やアルコールの取り過ぎ、過度のストレス、喫煙などです。

生活習慣病の予防法

高脂血症の予防として、まずは食生活の改善が最重要とされています。積極的に摂取したほうが良い食材が、穀類・食物繊維・緑黄色野菜とされています。そして調理の際にも油の使用は最小限に控え、塩分も取り過ぎないよう心がけましょう。また日頃より肉・油物・お菓子類の取り過ぎに注意しましょう。次に肥満の予防が高脂血症の予防ともなる為、適度な運動が大切です。無理なく行える程度のウォーキングや水泳が望ましいとされています。最後に高脂血症の予防としてストレスを溜め込まない、上手にストレス発散をすることも大切です。食事制限や運動がストレスにならないように、自分が出来る範囲で予防を心がけることが重要です。休日はなるべく外出を心がけ、買い物やカラオケなどの趣味の時間をしっかり設けることがストレス発散に繋がります。