Menu

アプリの開発までの流れ

男性

初心者の方でも安心です

iphoneでのアプリ開発ですがまず初めに注意しなければいけないのが英語の文章を多少読める事と「プログラミング」の知識を身につける事です。しかし、プログラミングを行う際に書かれている内容は全て英語で表記されているのですが少しの文章を理解しているだけでも大丈夫です。なので、まず始めは「英語への抵抗を無くす」事が大切になります。まずiphoneアプリ開発に必要な物がインターネット環境とMACのパソコンになります。この時にスペックが古い物は避けましょう。専用のiphoneアプリ開発のソフト等の大容量のダウンロードを必要とするものが多く開発に時間が掛かってしまう場合があります。次にiphoneアプリを開発基本的ば流れですがどんな内容のアプリにするのか「企画」します。この企画の時点で曖昧な状態にしてしまうとアプリ開発その物ができなくなってしまいます。次に「開発」に取り掛かります。ここで企画に合ったアプリ開発を行っていきます。そして、アプリが完成したらそのアプリに不都合がないか「テスト」をします。せっかく作った物が不都合が多い場合アプリを始めか作り直さなければいけなくなります。テストが終了すればそのアプリを「公開」します。こうして市場に自分が作ったアプリがネット上でダウンロードする事ができます。最後は「保守」しなければいけません。ただ作って公開するだけではなくユーザーをサポートしなければいけません。もしここをおろそかにしてしまうと、信用が一気に下がってしまう場合があるので注意しましょう。