タブレット

外注すべきアプリの開発

ipadに代表されるタブレット端末は趣味や学習だけでなく、業務の分野にも多く使われるようになりました。自社の業務にカスタマイズする目的で、ipad用のアプリ開発を自前で行う企業も増えてきています。ipad用OSは強制的にバージョンアップされるため、互換性を保つにはアプリ開発を外注するのが無難です。

Menu

スマホ

国際社会に対応する方法

訪日外国人の増加に伴って、通訳の需要が高まっています。しかし多言語で対応できる通訳アプリがあれば、誰でも簡単に外国人とコミュニケーションをとることができます。スマホやタブレットがあれば、アプリサービスの通訳スタッフが外国語で対応してくれます。

男性

アプリの開発までの流れ

iphoneアプリ開発を始める際には、まず英語への抵抗を無くしましょう。アプリの開発までの流れはまずどの様なアプリにするのか「企画」します。次に「開発」を行いアプリが完成すれば次は「テスト」を行います。そして、不都合が無ければアプリを公開します。その後はユーザーをしっかりサポートをしましょう。

APPS

見やすく分かりやすい

ipadのアプリ開発は専門の会社に依頼することになります。これまでの実績を元にして、評判のいい会社に依頼しましょう。また、万人受けするものを開発してもらった方がいいかもしれません。それにはリサーチが必要です。

スマホ

利用者が多い

通訳のアプリはあるととても便利であり、需要もたくさんあります。このようなものを製造開発すると重宝されることでしょう。しかも、様々な言語に通訳できると様々な用途で利用することができます。スマートフォン利用者には必須です。

初心者でも作れるアプリ

アプリケーション

必要なツールを確認

たくさんのアプリで溢れかえっている日常で、自分でもアプリ開発を行いたいと思った方は多いと思います。しかし、いざアプリ開発をしようと思い立っても何をしていいのかわかりません。ちなみにiphoneアプリは現在200万本以上が公開されているそうです。そんなにアプリが公開されているのだから自分でもちょっと頑張れば作れそうです。iphoneのアプリ開発なんて難しいという印象を持っている方もいるかもしれませんが、世の中には高齢になってからアプリを開発した人もいるのです。つまり、もともと知識がなくてもアプリは開発出来るかもしれないということになります。iphoneアプリを開発するための手順は以下の5つだけです。アプリの概要を考えたり、プログラミングやテストを行います。それから公開したり保守したりが一般的となるでしょう。また、iphoneアプリを開発するには最低限Mac PCが必要になります。もちろん、iphone実機も必要です。iphoneアプリ開発を行うためのツールはXcodeという無償のツールが利用できるので、開発にあたって初期費用は必要ありません。プログラムを行う上で、プログラム言語はObjectiv-CかSwiftのどちらかを選択する必要があります。おそらく初心者の方はここで躓くと思いますが、今ではインターネット上にたくさんのサンプルコードや勉強用のサイトがあるので、空き時間で勉強してみましょう。最初は両方のプログラム言語について勉強してみて、自分に合った方、わかりやすかった方を選択すればいいかと思います。最初は簡単なアプリを作成してみて、お手持ちのiphoneでテストします。そこに追加したい機能を少しずつ追加していくことで求めているアプリを作成できるようになります。自信のあるアプリが作成できた時には思い切ってAppStoreに公開してみましょう。ちょっとしたお小遣い稼ぎになると考えるとモチベーションも上がるかもしれません。