脂肪の摂り過ぎは危険

誰もが気になる高脂血症の症状とは?自覚症状がないと言われているため、早期発見には事前に症状について知っておくことが大切です。

動脈硬化などの引き金に

悩み

高脂血症とは血液中に含まれる脂質の割合が正常な範囲を超えて高くなる症状をいいます。血中脂質にはいくつかの種類がありますが、よく知られているのがコレステロールや中性脂肪です。これらの脂質が体内で吸収しきれないほど多くなると、血管内に溜まって動脈硬化の原因となります。また、血液の流れが滞ることで心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす場合もあります。高脂血症は日本においては1980年代ごろから発症例が目立って増えてきており、その傾向は現在まで続いています。これは後述するように食習慣の変化によるものと考えられており、したがって今後も増加傾向は継続するものと予想されています。なお、血中脂質はその量が少な過ぎても健康被害を招くおそれがあることから、高脂血症は現在では脂質異常症という症状のサブカテゴリーとして位置づけられています。

食事と運動で改善を

高脂血症はそれ自体ではこれといった自覚症状がないのが特徴となっています。そのため血液検査の際に初めて異常に気付くというのがほとんどです。したがって職場や地域などの健康診断を定期的に受診し、自分の身体の状態について常に把握しておく必要があります。高脂血症は程度が重い場合は薬物療法を実施することもありますが、まずは生活習慣を見直すことでかなりの程度改善できます。特に近年は食習慣の西洋化に伴って動物性脂肪を多く摂取する機会が増えてきているので、これをコントロールする必要があります。同時に、適度な運動を継続的に行うことで脂肪を燃焼させることも重要です。なお、高脂血症にはコレステロール値が高いタイプ、中性脂肪の値が高いタイプ、両方の値が高いタイプなどいくつか症状のタイプがあるため、それに合わせた食事制限を行うとより効果的です。そのため近年では栄養士が考案した高脂血症用のレシピなどが人気を呼んでいます。自分なりに工夫をしながらも、薬物療法などできちんと治療を進めていくようにしましょう。

生活習慣病

hospital

血液中の中性脂肪・悪玉コレステロールが多い、または善玉コレステロールが低くなる病気を高脂血症と言います。発症の原因は主に食生活と生活環境です。高脂血症の予防として肉類や油物の取り過ぎに注意し、肥満の予防の為に適度な運動が大切です。そしてストレス発散を心がけることも高脂血症の予防とされています。

アンチエイジング効果も

hospital

血液を活性化させることで全身の細胞を活性化させるのが血液クレンジングです。定期的に続けることで、その効果時間を延ばすことが出来ます。ヨーロッパを中心に海外で古くから行われている血液クレンジングは、疲労回復や若返り効果などが期待できます。また、新陳代謝を活性化することでダイエットにも効果的です。

汚れた血液を綺麗に改善

医者

頭痛、慢性疲労、肩凝り、冷え性等は疲れや体質による物だと片付けられてしまい長年付き合って行く物だと諦めている人が多い様です。しかし血液そのものを美しくする血液クレンジングを行えば劇的に症状を改善させる効果があります。